So-net無料ブログ作成
検索選択

拡散頭-豪華版 [フラッシュライト]

SURE好き、特にEシリーズ持ちの方にはファンも多いと思いますが・・・
H2T最新作の拡散ヘッドEXを入手する事ができました。

もうね・・・コレ最高です!自分のE1eのボディに装着したときビビっと来ましたw
まじでチーンと叩いて
「コレは良いものだ」
とか呟きたくなりますw

似た製品に拡散玉もありますが、こちらの方が形状がスマートで無駄が無いというか・・・
拡散玉のように取り外して普通の懐中電灯として使うことはできないけど、そこがまた潔い。
自分の中ではマジでど真ん中のストレートがズドンと決まった感じですw 

ステマとかチャチな事言いません。 

 

ちゅーことで・・・ 

001.jpg

002.jpg

003.jpg
形状はほぼE1eとかE21eのヘッドと同じで、ネジの部分はアルミ材の圧入。
六角の部分とか凄い手間が掛かってます・・・これはもうEシリーズに対する愛ですね。

使用が推奨されてるのは砲弾LEDの燈Eですが、前にノーマルバルブから同じような仕様のを作ってたので、それを入れてみる。
010.jpg
横にいるのは森のなかまさんから頂いたくらげくん。

普通のE1eやE2eの場合テールを下にしてローソクのように立てる事ができないけど、拡散ヘッドならこのようにヘッドを下にして立てられます。
下が白に近い色なら反射も大きいので実用になるかと。

で、せっかくなのでノーマルフィラメントバルブとか比べてみようと思い、ついでに日亜の雷神を使ったモジュールも作ってみた。
004.jpg
左からフィラメントバルブ、ノーマル改(日亜570)、適当に作った日亜雷神版。

それぞれ撮影してみると

005.jpg
純正フィラメントバルブはフィラメントの支柱?の影が両側にうっすらと見えます。

006.jpg
純正バルブ改(日亜570)は上半分が明るくなってます。
LEDは基本的に発光面から下には光が行かないので、どうしてもこんな感じになります。

007.jpg
そこで、雷神版はその発光面自体を下げてみました。
下から徐々に減光していってます。

ディフューザーとしての機能、照らす範囲、明るさは大差ないので、見た目の好みで使い分ければ良いかな~
ちなみに純正フィラメントはそれなりに熱を持つので推奨されないようです。

008.jpg

009.jpg
E1eのボディにつけるとこんな感じ。
すげー可愛い(はぁと)

先週、風邪を引いて熱が38度越えた晩があり、熱に浮かされて何度も水を飲んだりトイレに立つことにありました。
歩くのですらフラフラしてたけど、枕元にコイツを点けっぱにしてて、それを持ち歩いたので非常に助かりました。

ちなみに拡散ヘッドと拡散玉の比較もしてみましょう。
011.jpg

012.jpg
拡散ヘッドには雷神玉を入れ、拡散玉はE1ヘッドに570玉です。

014.jpg

013.jpg
拡散ヘッドと拡散玉を照明として比較。
どちらも見え方にも差は無いようです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 2

森のなかま

使いどころが微妙に難しいクラゲくんのご利用ありがとうございます(笑)cinqさんも風邪ひきでしたか。。
このサイズのランタン(?)ってパーソナルな感じで凄く好きです。ましてそE1で出来るとなるとニンマリ。。拡散頭のおかげでキセノン以外のモデルの方もニンマリできますね♪

by 森のなかま (2013-10-27 13:38) 

cinq

森のなかまさん
このクラゲくん、明るい所も良いけど、暗くて微妙に光が当たるところでも良い仕事してくれますw
このサイズ感は本当に良いですね。まさに仰るとおりパーソナルな空間の為のランタンって感じです。
砲弾LEDのバルブならランタイムも長いしキャンプの常夜灯なんかにも良さそうです。

by cinq (2013-10-27 21:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。