So-net無料ブログ作成

バリ禿いたの? [F1]

確かHONDAは勝つ為に琢磨を切り、馬㌧、バリ禿を入れたのではなかったのか?

昨日のオーストラリアGPは酷かった・・・

初優勝か!なんて言われてた誰かは、タイヤの温まりが悪いとは言え、セーフティカーが入る度に順位を落とし、最後には火を噴いてたし・・・
禿の方は4年落ちの車を操る琢磨を自力で抜く事も出来ず・・・
他車脱落により何とかポイントはとる事が出来たようだけどね。

MとBとで、タイヤの特性が違うとか何とか言ってたようだけど、それが「プロ」の言って良い言い訳なんだろうか?
しかも開幕前に一番走りこんだのってHONDAじゃなかったか?

あ~ぁ、琢磨が乗ってればな~
まー、さらに悪い結果だったかもしれんけどね。
それでももっと期待して見る事が出来るし、楽しめたハズ。

 

馬㌧はチャンピヨンの器だと言う人もいるけど、その馬㌧をコテンパンにしたフジコが太刀打ちできないアロンソやシュー兄がいる限り無理だろうと思うのは自分だけだろうか?

ちゅーか、度々話題にあがる100戦以上無勝利でチャンピヨンになった奴はいない。

肉揚のニヤニヤ笑いが張り付いた顔もキライ!
馬㌧もバリ禿もキライ!
でも、やっぱりHONDAには頑張って欲しい・・・

なんだか支離滅裂ですいません。
今年はF1がつまんないです。

ガンガレ琢磨、超ガンガレ!


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。